スポンサーリンク

MFクラウドは第2パスワード登録の楽天カードも自動取得OK

WEB収入生活10年ほどたっているけど青色申告しはじめたのは3年ほど前。

簿記の知識がなく弥生の青色申告のようなソフトを買ってもいまいち理解できませんでした。

でもMFクラウド確定申告を無料で使ってみたら、登録した銀行口座とクレジットカードの情報を自動取得して基本的な振り分けは半自動でやってくれて自分にも理解できました。

 

本などに掲載されているサンプルよりも、実際に自分の口座に振り込まれたASPからお金などの処理が視覚的にわかったので自分でも応用が効くようになりました。

自分がメインで使っている銀行は新生銀行、クレジットカードは楽天カードのみ。

新生銀行は取引の照会だけならその都度変更されるセキュリティカード番号を入力する必要がなく自動取得してくれます。

楽天カードも自動取得してくれるので特に問題ありませんでした。

 

しかしつい最近楽天カードのセキュリティを高めるために本人認証サービスと第2のパスワードというのと登録しました。

そしたらMFクラウドから「自動取得が行なわれていない金融機関があります」という内容のメールがきました。

楽天カードの情報を自動取得するためにMFクラウドに登録したIDとパスワード以外に第2のパスワードも入力しないとログインできないため取得できないという内容。

MFクラウドには月末の全てのASPからの振込がされてからようやくログインして処理をしているのでメールがくるまで全く気づきませんでした。

 

 

 

MFクラウドのサイトを見てみるとたしかに楽天カードの情報が取得できないままになっていました。

しかし追加認証を行うというリンクがありそれをクリックすると第2のパスワードを登録することができます。

登録する画面のキャプチャはするのを忘れましたが、これで自動取得させることができます。

もし自分以外の誰かが第2のパスワードを変更したら自分のメールアドレスに通知が届くようになっているのでこのようなサービスで第2のパスワードを登録しても心配なさそうです。

 

MFクラウド確定申告の自動取得機能がないと自力で青色申告するのが無理なぐらい依存しているので、第2のパスワード問題もあっさり解決できてよかったです。