スポンサーリンク

ランニングシューズをALTRA結びに変更してトラブル解消

ここ数ヶ月の間にジョギングで使っているランニングシューズを3足とも変えました。

adizeroのMANA7がお気に入りシューズだったのですが現在製造されていません。

アウトソールが似ているadizeroのfeatherRK2を履いています。

 

今まで使ってきたMANA7がヘタってきたのが大きな理由ですが、軽量で価格も安く1足買って気に入ったので色違いで3足揃えました。

最近靴紐の結びかたをALTRA結びという前足にゆとりを持たせる方式に変えてさらに気に入りました。

ALTRA結びに変更しようと思った原因を説明します。

 

featherRK2は軽量なのはいいのですがアッパー素材が1枚で作らられていて靴紐を通すハトメ付近が一部うまくカーブせずフィットしてない感じ。

それが原因なのかMANA7と同じサイズでもなんとなく前足部分がゆるい感じもしました。

そこでMANA7のときよりもかなり靴紐ときつくして結んで無理やりフィットさせて走っていました。

数キロ走ったあたりで時々足裏に違和感があります。日によって違うけどしばらく痺れる感じ。

きっと痺れる原因は靴紐をきつくしめたことで神経を圧迫しているのではと思いました。

 

元々かかとの靴ずれを起こしやすいので靴紐をきつく締めるくせがあります。

かかと部分をロックさせたいなら逆に前足部分はガッチリとロックするのではなく足指を動かせるぐらいのゆとりがあったほうがよさそうです。

今思うとMANA7も前足部分の穴がもう少しで千切れそうになっている箇所があります。

 

いきなり実践は無謀なので引退させて室内用にしているMANA7で試してみました。

写真のように2つ目と3つ目のハトメは左右クロスさせずに縦に通します。

これならきつく締めようと思っても締めることができないので必然的にゆとりができます。

MANA7もfeatherRK2も靴幅は細めのワイズE相当なのでこれで横幅が緩くなることはないです。

真ん中のハトメから足首までは通常どおり。オーバーラップでもアンダーラップでもいいと思います。

自分は現在アンダーラップ+ダブルアイレットにしています。

 

前足部分はゆとりを感じることができてシューズ内で指を動かしても圧迫されていない感覚。

部屋内で足踏みした感じもかかとは動かずに前足部分は楽でした。

 

次の日にfeatherRK2の1足をALTRA結びにして10キロほどスロージョギングしました。

ジョギング時にスマホを持っていかなったので写真は撮っていません。

結局一度も足裏のしびれはありませんでした。

12月の初フルマラソン後に結構ダメージが残っていましたがALTRA結び後は着地が楽になった感じ。

ALTRA結びを試して3回走りましたが、走るごとに痛みも軽減していって今ではほぼ完治したようです。

 

おそらくALTRA結びをしなくてもハトメ3個目あたりまではきつくしなければ似たような感じだと思います。

自分の場合はつい靴紐をきつくする癖があるのできつくしようとしてもできないALTRA結びがあっている感じ。

ただかなり靴紐が余るので短いシューレースのほうがよさそうです。

はじめは見た目のイメージでやりたくないと思ったけど、なんでも試してみるものだと思いました。