スポンサーリンク

WordPressプラグイン『BJ Lazy Load』の快適な設定

ブログはテキストばかりだと伝わりづらいし視覚的にわかりやすくするためにも画像を使ったほうが伝わりやすいです。

とはいっても一つの記事に大量の画像がある場合は記事の後半部分の画像はまだ読み込む必要はないですね。

 

ページを読み込んだときに全ての画像を読み込むのではなく画面に見えている画像だけを表示できるのがベスト。

そして画面をスクロールしたら順次画像を読み込んで表示してくれるのが理想的です。

 

ワードプレスなら難しい設定をしなくてもプラグインで簡単に実現できます。

いくつかある画像遅延ロード系プラグインの中でも、このブログでは『BJ Lazy Load』というプラグインを使っています。

プラグインの新規追加からBJ Lazy Loadと検索して有効化するだけ。

 

BJ Lazy Loadの設定

デフォルトの設定で遅延ロードは簡単に実現できます。

しかしブログの記事一覧に表示されているアイキャッチ画像として利用しているサムネイル画像もこのプラグインで有効になっていて若干モタついて画像が表示される感じ。

これは使っているサーバーや画像のサイズにもよると思うので全てのユーザーに当てはまるかどうかはわかりません。

 

しかし記事一覧のアイキャッチ画像ぐらいはこのプラグインで有効になってないほうが一気にパッとアイキャッチ画像が表示されてストレスがありません。

アイキャッチで指定しているサムネイル画像はサイズも小さいはずなので一気に画像を読み込んでもファイルサイズの心配はないでしょう。

 

ワードプレスの左メニュー→設定→BJ Lazy Loadをクリックします。

 

Apply to contentは記事本文での画像遅延ロードを有効にするか無効にするかなのでこれをNoにしたら意味がありません。

NoにするのはApply to post thumbnailsの項目。

ここをNoにすることで記事一覧のサムネイル画像の遅延ロードが無効になります。

 

 

この設定を変えるまえはサーバーが重くなったと思ったり、ドメインをSSL化したのが原因なのかなと思うほどサムネイル画像表示がモタモタしてました。

プラグイン自体を停止してしまうと記事本文での画像遅延ロードが使えなくなってしまうので、今後問題が無い限りこの設定で使っていきます。