スポンサーリンク

ついにKindle版の月刊ムー登場

40過ぎのオッサンです。

自分が小学生のころはUFOや超能力ブームとか心霊手術・心霊写真ブームがありあましたね。

ノストラダムスの大予言とかも小学生ながら文字だけの本を読んだ記憶もあります。

学研ということで月刊ムーも何度か買ったことあります。

学研は学習と科学という本が子供に人気でした。

 

そんな学研が出版しているのにムーはオカルト専門雑誌という位置づけの雑誌。

子供ながら本屋で買うときに妙にドキドキした記憶があります。

中学以降は買わなくなったけどテレビでオカルト系特番があると必ず観るほど好きなジャンルなんです。

ネットやりはじめたときも幽霊とかオーパーツとか、怪しげで恐いサイトはよく見てました。

 

ムーは人に知られずこっそり読みたい

電子書籍が流行り始めたときに思ったことの一つが実は『月刊ムー』も対象になってほしいということ。

読みたい気持ちはあるのに読んでいると思われたくないと心理もあります。

買ったら部屋に残るし。まあコッソリ読みたいわけです。

そんなムーなのに電子化されていなかったんです。

ムーは誌から抜粋したようなライト版と言われるものは電子化していました。

実際買ったことがないからどれぐらいの内容かはわかりません。

あとはムック化した読み切りの書籍とか。

紙媒体のムーとそのままそっくりが電子書籍で読みたいのに。

 

月刊ムーついに電子書籍化

しかしそんな『月刊 ムー』も今年の5月号からKindleなどで電子書籍化しました!

昭和と違ってネットで色々な情報が得られますが毎月特集組んで深く掘り下げた内容は読み応え充分。

というかパソコンの大きな画面で見ないと正直疲れます。

カラーや写真が多いからファイルサイズも大きいのでダウンロードしたほうがサクサクです。

このあたりはKindle無料アプリ使って10ページほど読める無料サンプルで試せば体感できると思います。

検索には対応してないけど目次があるので各見出しをクリックで見たいところから見ることができます。

 

ちなみにファイルサイズの目安としては1冊100MBぐらいでした。

 

紙媒体より安いし、かさばらないし、なによりコッソリ読めるので個人的には毎月買いたい月刊誌です。『月刊 ムー』。