スポンサーリンク

バンドとギター練習に明け暮れた高校時代

小学校高学年から洋楽ロックを聴くようになって、中学では完全に洋楽かぶれ。

ポップスとロックまんべんなく聴いていたけど、ギターに魅力を感じてからはハードロックやヘビーメタル、過去のパンクなどばかり聴いていました。

 

ちょうど中3ぐらいからかつての名盤がCDで廉価で出回っていたこともあって本や大人からの情報を元に70年代ロック集めも趣味に。

中3のころに買ったロックエンサイクロペディア CD世代のロック入門という本がロックの歴史本のような感じで毎日読んではCDを買って聴く日々が続きました。

巻末にはロックCD必聴盤100選やカレンダー形式で誰が産まれたとか亡くなったとかもまとめられています。

 

本は1年以上前にほぼ全てを断捨離したのですが、この本は残しておきました。初めて買ったギターは人にあげたぐらいなのに。

 

激しいロックにのめり込んでいったと言っても根はど真面目なので、調べたり研究したりするのが好き。

だからロックを流しながら大勢で騒ぎまくるというより、聴きたい音をずっと聴いていたいみたいな、音は激しいのに自分にとっては安らげる感覚が強かった。

大勢が集まるライブの雰囲気は嫌いで、自分の部屋で好きな音量で聴くほうが好き。

 

高校1年のころはバンド活動中心

以前の記事で書いたけど、高校時代はガンズ・アンド・ローゼズをよく聴きギターの練習もガンズ中心。

70年代のロックのエアロスミスやレッド・ツェッペリンのバンドスコアも買いましたが、バンドとして人前で披露したのはZEPのロックアンドロールぐらい。

ガンズは一通り弾けて、他のパートも運良く同級生やその知人とつながることで練習できたので何度か人前で演奏したり、地区大会で優勝したこともありました。

自分にとっての部活動でもあり青春時代の思い出のひとつです。

 

CDを買うだけではなくギターやその関連機器を買うにはお金がかなり必要。

ギターは中学3年後半から数ヶ月続けた新聞配達のお金で買いました。フェルナンデスのバーニーでレスポールのレプリカ。

実は中3のサッカー部のお別れサッカーで半年ほどサッカーやっていないくせに準備運動もしなかったことが原因で、試合中に足首の靭帯断裂で手術。

ギターは楽器店に注文していて、楽器店の人が入院先まで届けてくれました。

 

高校は地元の進学校ではなく工業高校の電気科。

中学のころは成績は優秀なほうだったけど進学や将来のことより、音楽とギターにのめり込みすぎて、高校に行きながらもいかにギターの練習に打ち込めるかばかり考えていました。

前述の手術のため一学期はほとんど松葉杖生活でしたが家に帰ったらギターばかり弾いてました。

 

高校では部活はもちろんせず、そのかわりに1年冬休みから地元のスーパーで夕方2-3時間のアルバイト。

勉強はほぼやらなかったので夜はギターばかり弾いていました。

 

高校2年以降は下手でギターの練習に没頭

根が真面目といってもひねくれた正義感があって、自分で稼いだ金ならなにをしてもいいマイルールみたいなものがありました。

ロック好きだからというわけではないけど、自然とタバコも覚えました。自分の中ではバイトした金で買ってるからいいだろうという理屈です。

タバコのことはここで長々と書く気はないけど、30代前半で一発で禁煙してそれ以来10年以上吸っていません。

ジョギングに目覚めたからこれから吸うこともないでしょう。学生時代に吸わなければよかったと思うこともあります。

 

とにかく高校時代は2年以上アルバイトも平行してやっていたので、趣味にかけるお金は全部自分で捻出できて充実していました。

アマチュアバンドは高2のころは空中分解してしまったので、自宅でギターの練習に打ち込む日々が続きました。

 

高校のころはギターマガジンとヤングギターのどちらも定期購読していて、特にヤングギターが好きでした。

といってもイングヴェイ・マルムスティーン系は一度も練習しようと思ったことするないです。

当時はポールギルバートとヌーノベッテンコートとレブビーチの3人がよく出てました。

平成ギター三羽ガラスみたいなことが書いてあったような気がします。

 

3人の中で好きなのはエクストリームのギタリスト、ヌーノ・ベッテンコート。

セカンド・アルバムのポルノグラフィティが有名ですがファーストアルバムのころから好きでした。

ヌーノはリフもソロもすごいのですが、やはりリズム感バッチリのギターリフがかっこいい。

所謂速弾きよりもギターリフが好きなんです。音楽の基本はリズムだと思うから今でも基本は同じです。

 

ヌーノは高校卒業してからも好きでWashburnのN4も買ったぐらいだけどコピーバンドとして人前で披露することはありませんでした。

今後人前でやるとしたらエレアコとパーカッションだけのミッドナイト・エクスプレスかなぁ。完璧にはできないけど。

ミッドナイト・エクスプレスは自分が20代のときに出たアルバムに入っている曲だからかなりあとの曲だけど。

 

Extreme – Midnight Express

Extreme – Midnight Express

 

高校時代に影響を受けたバンドといえば外せないのがメタリカ。

古いロックやガンズが好きというロック好きからは、毛色が違いすぎるメタリカ。

今となっては知らない人はいないほど有名なバンドになったけど当時はマニアック。

当時はまだサードアルバムのマスターオブパペッツまでしか出ていないくて、曲のテンポが速いのに曲は長い。

 

しかしサウンドは超攻撃的で当時高校生の自分にはギターの歪みをコントロールしつつスピードが速いという欲望をパッケージングした音がたまらなく好きでした。

一応バンドスコアを買って練習もしましたが、1曲も通して弾けませんでした。

どちらにしてもドラムやボーカルがいませんでしたが。

 

スラッシュメタル系はメガデスも聴いたし、大人になってからも後発のパンテラとかも聴いたけど、自分が演奏する側じゃなくて聴く専門。

今でも1曲だけ聴くことはよくあります。やりたいと思うことはないですね。

 

Metallica – Battery

 

Metallica-Battery

 

大人になって聴く音楽も変わった

中学のころはポップスやアダルトロックも聴く大人の洋楽好きといった趣味だったのに、高校時代はギターの尖ったサウンド重視で完全に好みが変わっていきました。

今振り返ると、そのときハマっていたバンドや曲は今ではほとんど聴かなくなり、あのときは若かったんだろうなと思い返すことがあります。

 

高校時代にアマチュアバンドの活動は1年ぐらいだったけど、ギターばかり弾いてのめり込みすぎて高校卒業後には音楽の専門学校に行く決意をしました。

それからはギターに関してはいい思い出はないのですが、書きたいことがまとまったら次の記事で書きたいと思います。