スポンサーリンク

チーズの燻製が作りたくて燻製鍋を購入

糖質制限をしていることもあり、冷蔵庫には6Pチーズやベビーチーズを常備しています。

酒のつまみにもなると毎日2,3個は食べてる感じ。

たまに燻製されているスモークチーズも買うけど高いというかコスパが悪いのでたまにしか買いません。

自宅で気軽にできればいいのにと思って検索したらフライパンと網があればできそうなのでダメ元で試してみました。

 

フライパンと網でチーズの燻製を作った

もう取っ手がついて普段は使っていない鉄製のフライパンと天ぷら用の網を用意。

燻すための素材がないと話にならないのでホームセンターのキャンプ用品コーナーでサクラチップを買いに行きました。

とりあえず家にある6Pチーズで実験。溶けないように底とサイドはあえてアルミを剥がさずにやりました。

 

煙が出てからフタをして数分ごとに表面をチェック。

たしか20分ぐらいでこんな感じになりました。底のアルミが役にたった感じ。

冷蔵庫で1日熟成させて食べてみたところ、少しかじっただけで口に中にスモークチーズの香りが広がって大満足。

 

一度に多く作りたいので燻製鍋を購入

これだけでこんなに美味しくなるなら、専用の器具を買えば同じ手間で一度に多く作ることができるだろうと早速検索。

アマゾンでのカテゴリー別の売上ランキング1位だったベルモントいう会社の燻製鍋が目につきました。

ガスコンロ専用でIHでは使えないとの説明。ガスコンロの我が家にピッタリです。

3000円以下でした。チップを置く皿と燻製のネタを置く網が付属。

フタの高さがかなりあるので網を重ねれば2段重ねにもできそう。と思ったら関連商品にありました。

下の画像の真ん中の網です。他メーカーながら重ねるのにピッタリとの口コミ情報もあり信じて同時注文。

重ねたらこんな感じ。フタにも干渉しないし純正オプションパーツといってもいいぐらいです。

下の段に置く素材のポジショニングだけは少し工夫する必要があります。

 

チーズ以外にゆでたまごと豆腐を同時に燻製にしてみた

どうせならゆで卵や豆腐の燻製も試してみようと、注文してから届くまでにゆで卵を作って豆腐は水切りして待機。

1日以内に届いてしまい、我慢できずに作業開始してしまいました。

豆腐はもっと水分乾燥させようとキッチンペーパー巻いたまま7分ぐらいレンジでチンしたらペーパーが豆腐にこびりついてしまい周りを切ってから網に置きました。

ゆで卵も味付けのための液につけることもせずダイレクトで試してみました。

下の段にたまごを置くと上の網に干渉したので上に置きました。

チーズ・ゆで卵・豆腐の配置はこんな感じになりました。

チップの皿に豆腐やたまごの水分が落ちるとまずいとおもって軽くアルミホイルをかぶせています。

チーズやナッツとかだけなら不要かな。

この燻製鍋で初なので、チーズが溶けて全滅だけは嫌なので数分ごとにフタをあけてチェック。

 

フタの横にある小さな穴から煙が少しずつでてくるのでフタをあけなくても煙のチェックをできます。

燻しはじめて煙がマックスの状況でフタを開けると一気に煙が出るので穴から出る煙の量が目安になります。

穴から出るぐらいの煙なら換気扇をつけておけば大丈夫でした。

煙の量によっては火災報知器が反応するかもしれないし賃貸だとどうなるかは状況によるでしょうね。

 

チーズは燻製はじめて15分ぐらいで引き上げました。

あ、ちなみに使ったチーズはメグミルクの6Pチーズ『こくとうまみ』と、QBBベビーチーズの『アーモンド』『サラミ&バジル』

チーズを引き上げたあとにサクラチップをひとつまみ追加して卵と豆腐だけ追加で燻し増します。

 

作った燻製を食べた感想

チーズは表面が少しムラになった。フタをあけて確認したときに水分をキッチンペーパーで拭けばよかったかも。

たまごはソミュール液につけていないけど燻されて色も薫りもついています。

豆腐は写真だけだと肉に見える。

 

チーズは1日冷蔵庫に置いて週末に食べてみます。前回食べてるし味はそれほど変わらないと思います。

豆腐は表面がカリカリになった部分が燻製された肉みたいで中はモチっとしてます。

焼き豆腐や湯豆腐とは全く違う味と食感で価格を考えたら定期的に作りたいです。

たまごも薫りが染み込んで、水分が飛んでいるので歯ごたえもあって美味しい。

 

はじめて挑戦したのでこれからネットで検索して知識をつけていきたいです。

燻製たまごは次回はソミュール液につけて作ってみる予定。

たまごや豆腐はチーズと同時に作らないほうがいいなと思いました。

そういえばたくあんの燻製も美味しいらしい。

作っている間も楽しいし、いい大人の趣味が1つ増えてよかったです。