スポンサーリンク

イリコと炭酸水で無理なくダイエットできた

数年前から糖質制限ダイエットがブームですね。自分も実践してます。

増えすぎた体重を減らすために実践して成功したのが糖質制限ダイエット。

40過ぎの男で175センチで82キロぐらいま太ったのが2年ほどで67キロぐらいまで減りました。

 

週3回ほど10キロ近くジョギングはしていますが運動だけだったらここまで減らすのは無理でした。

ジョギングは3年以上実践しているけど、当初は運動したんだから好きなだけ食べてもいいはずと食べすぎて逆に太ったぐらい。

筋肉がつきはじめは体重が増えることがありますが、それ以上に食べすぎて太ったと思います。

 

噛む回数を増やす

ダイエットで一番の敵は空腹感との戦い。

空腹感を満たすために食べると一時的に満足しますが、すぐに空腹感がきてまた食べてしまいます。

重要なのは噛む回数を増やすこと。ゆっくり食べること。ゆっくりペースで多く噛むことで満腹中枢を刺激して満腹だと感じるそう。

 

オススメの食べ物はイリコ。イリコは出汁用で使う人がほとんどでしょうけどそのままお菓子感覚で食べることができます。

目の部分が堅いので歯のことを考えて頭だけちぎって食べています。

 

イリコをそのまま飲み込むわけにはいかないので、必然的に多く噛む必要があります。

20匹ぐらいを1匹ずつゆっくり噛んで食べると、噛む回数も時間も多くなるので満腹感があります。

そのままでもいいけどマヨネーズと七味と醤油につけて食べると焼酎のつまみにもなります。

ラー油を少しつけるなどバリエーションをいくつか作っています。

 

イリコ以外には重曹とクエン酸で炭酸水を作って1日8回ぐらいに分けて飲んでいます。

重曹とクエン酸で作った炭酸水は酸っぱいのと塩水っぽいのが混ざった感じなのでオリゴ糖も入れています。

オリゴ糖は腸内環境を整えるのに抜群の効果があるし、味のバランスもちょうどよくなるので継続できています。

 

炭酸水を定期的に飲むことでお腹が膨れた状態が続くので空腹感がありません。

重曹もクエン酸も食用を使っています。

自分はファンタの1.5リットルペットボトルにそれぞれ大さじ1杯ずつ入れてます。

自分の場合は2年ほど実践してなんの異常もないから続けているけど、重曹に塩分量があるから腎臓が悪い人はやらないほうがいいかも。

面倒だったり、重曹やクエン酸の服用が不安な人は市販の炭酸水を使うほうがいいかもしれません。

 

糖質制限も実践

実家暮らしなので母親が作った料理を食べています。

親世代のほうが炭水化物好きで糖質量関係ないようです。

父は麺類と丼物が好き、母はパンが好き。

自分は太りたくないので糖質制限を実践しています。

だから朝と昼は自分で用意したものを食べて、夜ぐらいはコミュニケーションも兼ねて母が作った料理を食べてます。

徹底した糖質制限をするのではなく、プチ糖質制限ぐらいがちょうどいいです。

自分は朝食は基本的に食べず、昼食は軽く。夕食だけは量を気にせず食べています。

 

糖質制限ダイエットは肉や卵・チーズは制限なく食べていいと書いている本もあります。

肉は大好きだけど毎日好きなだけ食べるということはないです。

おそらく毎日好きなだけ食べた弊害もあるはず。

唐揚げが好きなので主に週末に少し多めに食べるぐらい。

普段は魚類のほうが多い。イリコも魚だし。

糖質制限ダイエットを継続していくと1日に空腹だと思うことが少なくなります。

 

最近はAmazonのKindleUnlimitedで無料で読める糖質制限ダイエット関連の本も何冊か読みました。

人類は元々肉食で穀物メインになったのはほんの最近のことで穀物メインになってから体に不具合が増えてきたという説明が多いです。

なるほどな。と納得する内容が多いです。が、だからといって肉を好きなだけ食べるのも不安なので自分はコントロールして食べています。

肯定派と否定派のどちらの意見も参考にしてプチ糖質制限ぐらいが自分には合ってるしリスクが少ないような気がします。