スポンサーリンク

『LogicoolマラソンマウスM705』の設定とホイールクリックするときの指の使い方

最近ロジクールのマラソンマウスM705に買い替えました。

どんなマウスに変えても慣れるまでは違和感があるものですが今回もいくつか慣れるまで時間がかかりました。

設定に必要なソフトウェアはロジクールのサイトからダウンロードする形です。

ロジクールオプションというソフトウェアでボタン割り当てやスムーズスクロールを有効にするかなど変更できます。

 

個人的にはスムーズスクロールがないほうが使いやすいので無効にしています。

ChromeやFirefoxのオプションもスムーズスクロールは無効にしています。

親指近くの2つのボタンは手前がctrl+vで貼り付け、奥がctrl+cでコピーを登録。

コピペはさまざまな場面で使うのでどのマウスに買い換えてもまず設定しています。

あとホイールでの横スクロールは使わないので左右に傾けてもなにもしない設定。

これさえ設定できれば基本どのマウスに変えても望むことはありません。

 

ブラウザでブックマークやハイパーリンクをクリックするとき新しいタブで開きたいときはマウスのホイールクリックを使うことが多いです。

というかホイールクリックを活用する場面はそのときぐらいかもしれません。

でも在宅でPCとインターネットを使った仕事をしているので使う回数はかなり多いです。

そのホイールクリックですが今回はなかなか慣れずカチっと音はしているのにクリックしたことになっていないことが多いと思いました。

ただ、慎重にクリックすると反応するので初期不良という感じでもありません。

 

自分はホイールクリックするときのくせはホイールの真ん中あたりを人差し指の先のほうでクリックするスタイル。

このやりかたで今まで使ってきたマウスはなんの問題もなかったのですが、マラソンマウスM705ではクリックした瞬間に滑ってる感じ。

クリックの感触はあるのに反応なしだとかなりストレスがたまります。

 

しかし指先ではなく人差し指の第一関節あたりでホイールの手前側をクリックするといい感じです。

というか指先でクリックしていたときより人差し指の移動がほとんでないので楽です。

もしかしたらこの使い方が普通で、今までの自分のやり方が少数派なのかもしれません。

とにかくこのやり方にしてからは失敗がなくストレスなく使えるようになりました。

 

余談ですが乾電池2本使用だけど実は電池1本だけでも普通に動作するので単3電池1本だけで使っています。

微妙な動きをするときに電池で重くなったマウスは使いづらいです。

最近のロジクールマウスは使っていないときのオートパワーオフ機能が優秀らしいので電池1本でもかなり持つはず。