スポンサーリンク

『ポーレックス』コーヒーミルのレビュー

断酒してコーヒー焼酎も飲まなくなりました。

最近はコーヒー豆をコーヒーミルで挽いててペーパードリップして飲んでいます。

これまではコーヒーはインスタントだったけど豆を挽いてドリップすることに慣れるとインスタントは物足りません。

1日に2,3回豆を挽くようになるとはじめに買った安いミニミルでは面倒になってきました。

下の画像の左側のがはじめに買ったカリタのミニミル。使わなくなっても置物としてもオシャレな外観です。

 

 

カリタのミニミルは1回で10グラムほどしか挽けない上に引き出し引くと粉が少し溢れるのがストレスでした。

買い換えるなら多めに挽くことができて挽いた粉がこぼれたりしないこと。掃除しやすそうなミル。

検索したところポーレックスという日本のメーカーが製造しているコーヒーミルの評判が良さそうでした。

 

旧型のポーレックスのコーヒーミルが安かった

1回で30グラムほど挽けるノーマルサイズのミルが6000円前後と思ったより値段が高め。

1ショップだけ3000円ほどで扱っているショップがありました。

気になるので調べてみるとどうやらポーレックスのコーヒーミルは現行タイプと旧型タイプがあって

ハンドルの軸部分が長方形なのが現行タイプ。五角形なのが旧タイプということ。

 

3000円程度で販売しているショップのは別に偽物とか詐欺サイトではなく旧型だから安いというこがわかりました。

旧タイプは五角形で使っているうちに角が丸くなり空回りしやすかったり、回しているときに外れやすいという欠点があるそうです。

結果的には安さに釣られたこともありますが別の理由もあり安い旧タイプを買いました。

底にMade In Kagoshima Japanと刻印してあります。

 

 

設定が簡単でコーヒー豆が楽に挽ける

箱に書いてあるようにエスプレッソ用の細かい粉から粗挽きまで簡単に設定できるようです。

ダイヤルを回すだけで設定できる。

使う前に分解してみたら、分解しやすく元に戻しやすい作り。時々洗うのも楽そう。

 

早速10グラム入れて挽いてみたら両手の力が効率よく作用しているのか楽に挽き終わりました。

45度の角度で左手で持って右手で回す。左手側は固定させず逆方向に力をいれる感じ。

とにかく据え置き型のミニミルよりは格段に早く楽に挽き終わりました。

シャフトの五角形部分は全く気になりませんでした。

回している最中に外れやすい現象は回し方によるのかもしれません。

 

1日に3,4杯は飲むので1日分まとめて挽いてみようと思って30グラム分を一気に挽いたときは結構疲れました。

飲むときに挽くのがベストなので基本的に10グラムずつ挽いています。

ちょうどケトルのお湯が湧くぐらいまでには挽き終わってペーパーにセットできるのでちょうどいいぐらい。

楽になったし小さいの邪魔にならないので買い替えてよかったと思いました。

 

実はこの旧タイプを注文するときにあらかじめ予定していたことがあります。

それはシャフトの五角形に合う電動ドリルドライバー用のパーツを取り付けること。

この旧タイプ用に作られているドリルドライバー用のコーヒーミルアダプターがあるのは事前に把握していました。

以前購入した電動ドライバーが普段全く使わず宝の持ち腐れになっていることもありここぞとばかりに注文しました。

 

ドリルドライバー用のコーヒーミルアダプターの記事は次回書きます。

はじめて挽いた直後のコーヒー粉の写真を撮り忘れたので次回書く関連記事で写真アップします。