スポンサーリンク

腸内環境を整えるために新ビオフェルミンのジェネリックをお試し中

つい先日46歳になりました。

40歳を過ぎてからは健康のことが気になってネットで検索することが増えました。

パソコンを使った在宅ワークなので運動不足にならないように週に3回ほどジョギングやウォーキングをしています。

食事はプチ糖質制限をして、アルコールは今年3ヶ月断酒、解禁後も純アルコール摂取量は少なくなりました。

 

腸内環境を整えるために以前からオリゴ糖100%の粉末を飲み物に混ぜて毎日飲んでいます。

甘味料にもなるし腸内細菌にとっていいので2年以上は継続していました。

オリゴ糖が含有されている甘味料と違って、純粋にオリゴ糖のみの粉末は1キロで4000円前後と結構高いです。

 

そのオリゴ糖粉末を最近使い切ったので、今回は代用としてビフィズス菌が入った新ビオフェルミンを試しました。

オリゴ糖はクエン酸と重曹で作った炭酸水に混ぜて飲んでいたのですが、最近は炭酸水にすることが減ってきました。

それならいっそのことオリゴ糖はやめて違うものにしようと思ったのです。

 

検索すると新ビオフェルミンSがよさそうな感じ。

飲み込まずに口の中で噛み砕いたり舐めたりすると歯周病菌退治にもなる裏技のような情報も知りました。

1日3錠を3回が基本のようですが、さらに2回は舐めて口の中で溶かすと一石二鳥だなと思いました。

 

なるべく大容量のを買ったほうがコスパがいいので検索したところ新ビオフェルミンSのジェネリック的な商品がありました。

ビフィズミンという商品名でパッケージはそっくり。

成分は純正の新ビオフェルミンSが3錠あたり18mgで、ビフィズミンが24mgと多いです。

 

ただし純正のほうは濃縮されているそうで、おそらく純正のほうが成分が多いのだと思います。

価格は新ビオフェルミンSが最も錠数が多い540錠で2600円前後、ビフィズミンは560錠で1600円前後。

ビフィズミンのほうが4割ほど安い値段で買えることになります。

使う前から1日3回ではなく5回にしようと思っていたので、質より量をとってビフィズミンを注文。

 

 

ちょうど試して1週間経ったのですが便の色や硬さがよくなりました。

毎日飲み続けて腸内が慣れてきたらどうなるかはわかりません。

胃酸に溶かされないように食後に飲むのがいいそうです。

歯周病対策はどのぐらい効果があるのかは実感はありません。

ただ歯周病菌をやっつけるのは確実らしいので、寝る前に意識して口の中に成分を留めさせてる感じ。

気づいたことがあったらいずれレビューします。

 

560錠も入ってるとはいえ、1日5回で15錠使うと37日で消費することになります。

次に注文するときは3瓶まとめてとか、あえて違う種類のに変えてみたいです。