スポンサーリンク

ウェルスナビで資産運用開始

ロボアドバイザー自動的に資産運用してくれるウェルスナビをはじめました。

理由は単純で資産運用の知識がなくても人工知能が最適な資産運用をしてくれるから。

知識がない上に損失が続くと多少知識があってもエキサイトして正確な判断ができなくなるかもしれません。

それに投資だけで収入を得て生活している投資家ではないのでとにかく時間と労力を奪われたくないです。

ウェルスナビは全自動で最適な資産運用してくれるのでその心配がないのがいいですね。

 

投資経験は?

今まで株式投資どころか銀行の定期預金すらしたことがありません。

去年流行った仮想通貨もやりませんでした。

個人事業主で青色申告をしているので小規模企業共済の積立が唯一資産運用的な使い方してるぐらいです。

資産運用の超初心者といってもいいでしょう。

 

このタイミングでウェルスナビをはじめた理由

実は去年の時点でロボアドバイザーという言葉は知っていました。

そのときにウェルスナビのサイトを見たこともあります。

当時は最初に用意する資金が100万円でした。

資産運用するならこれぐらいは用意したほうがいいのでしょうが、初心者の心理だと高いなぁという印象。

その後100万円から30万円に下がっていました。

これなら参加してみようかなと思いましたね。

現在はウェルスナビ公式から口座開設すると10万円の資金からはじめることができるようになっていました。

ウェルスナビは公式以外にforSBIネット銀行などいくつかのネット銀行のサイトからも口座開設できます。

自分の場合はSBIネット銀行の口座は所有していましたが10万円から始めたかったので公式サイトから口座開設しました。

 

スタートの金額設定

10万円スタートで毎月1万円積立という設定でスタートしました。

とにかく資産運用未経験なのでスタートするときの資金は少なくしました。

慣れてきて増やしたいと思ったらあとから簡単に入金することができるし積立額も変更できるようです。

まずは最低限の金額からスタートして様子をみることにします。

はじめの10万円ととりあえず3年分の積立分36万円確保でSBIネット銀行に50万円入れました。

基本的に20年とか30年ぐらいの長期的な運用になるようですが気が変わってやめる可能性もないこともないです。

それでも最低3年はやると思うのでまずはこれで様子をみたいです。

 

口座開設が簡単すぎた

口座開設はあっけないほど簡単でした。

パソコンはなくてもメールアドレスがあればスマホでも口座開設できます。

必要なものは銀行口座とマイナンバーカードもしくは運転免許証と通知カード。

コピーして郵送するのではなくスマホなので撮影してその画像ファイルを口座開設オンライン申し込みページで指定するだけ。

 

マイナンバーカードを作らなくても大丈夫

運転免許証がない人はパスポートでもいいです。

通知カードの代わりにマイナンバーが記載された住民票の写しが使えます。

運転免許証もパスポートもないならこれを機にマイナンバーカードを作るといいと思います。

自分の場合は運転免許証と通知カードを利用しました。

春の確定申告でこの2つが必要でPCに画像ファイルを保存したままだったので手間が省けました。

銀行口座は地元の地銀口座以外に新生銀行と楽天銀行とSBIネット銀行を所有しています。

その中でSBIネット銀行は作ったはいいものの使わなくなったので今回ちょうどいい利用シーンができて活きました。

 

迷ったのは『源泉徴収あり』か『源泉徴収なし』かだけ

ひとつだけ迷った項目は口座の種類を選ぶところ。

初期設定は特定口座(源泉徴収あり)。これは利益が出たときに生じる所得税と住民税の計算や手続きをWealthNaviに委任するという意味。

これを選ぶと普段自分で確定申告しないサラリーマンも税金のことを気にする必要がなくてシンプルでわかりやすいです。

源泉徴収なしのほうが確定申告の時期まで約20%の税金を引かれていない状態の資産残高をそのまま投資に回せるので効率がいいというメリットがあります。

自分は個人事業主で毎年確定申告しているのでこのメリットを活かすために源泉徴収なしを選んで口座開設しました。

しかし運用開始して間もなく考えが変わり源泉徴収ありに変更してもらいました。

変更の際は少し面倒ですが運転免許証と通知カードのコピーを郵送する必要がありました。

源泉徴収ありかなしかは分配される前なら変更できたので助かりました。

基本的に年始めなら変更することができるようなのでいつか考えが変わったら源泉徴収ありに変更するかもしれません。

 

簡易書留ハガキがきたらログインできます

口座開設オンライン申し込みが完了すると登録したメールアドレスに『【 WealthNavi 】簡易書留を発送しました 』というメールが届きます。

それから1日か2日ほどで簡易書留のハガキが届きます。

届く間にSBIネット銀行に振り込みしておきました。

その後メールアドレスに『【 WealthNavi 】簡易書留のお受け取りありがとうございました』というメールが届きました。

これでウェルスナビのログインできるようになります。

 

運用プランは自分で決める

ログインしたら運用プランを設定します。

自分はスタート10万円と毎月1万円積立で20年運用。単純計算で250万円投資。

目標金額は400万円でリスク許容度は最高の5にしてみました。

目標が達成できる確率は57%だそうです。あくまでも目安です。

リスク許容度は1から5まであって1がローリスク・ローリターン、5がハイリスク・ハイリターンという感じ。

アンケートによると8割ぐらいのユーザーが最高の5にしているということなので5にしました。

もしこの通りになれば手数料や生じる税金を払ってもプラスでしょう。

 

設定が終わればあとはロボアドバイザー任せ

資産運用と聞くとはじめてに大金が必要とか難しそうとイメージしていました。

でも開始10万円なら敷居が低いのでスタートしやすいですね。まずやらないとなにもはじまりませんから。

実際利用して2週間ほどたった状況で記事を書いていますが設定さえしてしまえばあとはロボ任せで楽です。

面倒なのははじめに口座開設することぐらい。

 

ウェルスナビで使われているAIは優秀

近年の将棋や囲碁の世界でもAIがトップ棋士を負かすこともニュースで流れますね。

ウェルスナビで使われているAIはノーベル賞受賞者が提唱した理論に基づいた「長期・積立・分散」の資産運用を全自動で行います。

株の知識がない自分のような初心者はもちろん、知識がある人よりも信頼できるでしょう。

人間が決定すると変動が大きいときに感情が入り込むので長期的にみたら優秀なロボの決定に従うほうがいいです。

 

余裕のあるお金で運用。節約するきっかけにも。

長期間使う予定がない預金が豊富にあればそれを資金に回せますね。

長期的にリスクを分散するのが基本なので一度に入金するよりは毎月同金額を積み立てるほうがいいです。

自動積立は最低月1万円から1万円単位増減できます。

自分は最低の1万円自動積立を選びました。

毎月の積立も1万円ぐらいなら負担にならない金額でむしろ無駄な出費がないかを見直すいいきっかけです。

これをきっかけに普段無駄に使っているお金を見直して節約をするのもいいでしょう。

 

昭和と違って郵便局や銀行に貯金したままだとお金は増えないことだけは間違いない時代。

昭和の時代なら郵便定期貯金で10年間で残高が約2倍になるほどだったそうです。

現在もこんな夢のような話があれば飛びつきたくなりますが、ゼロ金利時代はこれからも続くだろうから期待はできません。