スポンサーリンク

3回目のハーフマラソン出場はこれまでで一番遅いタイムで完走。失敗理由と今後の対策。

ハーフマラソンは今年もなんとか無事に完走できました。

今回で3回目の出場で前回は2時間10分台前半だったので今回はとりあえず2時間10分切るのを目標にしていました。

ハーフマラソンにしてはかなり遅い目標タイムだけど今の自分にはこれができるかできないかの境目。

結果的には完走はできたものの最後4キロほど歩いてこれまででもっとも遅いタイムでゴールしました。

 

11月にしては暑かった

今回失速した一番はっきりしている原因は思ったより暑くなったこと。

20度ぐらいで日差しが結構強かったです。

自他ともに認める暑がりで汗っかきでこのぐらいの気温でも走るとすぐ汗がでます。

スタートして3キロぐらいで汗だくになってしまいました。

あとレース中にトイレ利用したくないからスタート前は水分はなるべく摂らない作戦も大失敗でした。

 

初出場の一昨年も暑くてランニングキャップのツバから汗が落ちるほど汗をかいた記憶があります。

一昨年は上半身から流れおちた汗がシューズの中に流れてグチュグチュになりながら走りました。

 

目眩がしてリタイアも考えた

しかし今年はそこまでの汗を書く前に目眩がしてきました。

はじめ異変を感じたのは10キロすぎだったと思います。

瞬きするたびにカメラのフラッシュを浴びたような感じで視界も狭くなりました。

 

給水所で水分補給しても復活できる気配はなくリタイアも考えました。

かなりゆっくりのピッチで歩幅も狭めて走りました。

いよいよゆっくり走ることもできなくなったのでしかたなく歩きました。

歩くのは大丈夫だったのでうつむきながら道路の白線を目安にゴールを目指しました。

 

残り4キロはほぼ全部歩いてなんとかゴール

ゴールまで残り4キロほどでしたが1キロ9分前後で歩けば2時間30分以内にゴールできそうでした。

制限時間は3時間なので時間的には問題ないけど、ゴールまで歩くことができるかどうかが心配でした。

歩き続けたことと給水所で補給した水分で多少回復したのかゴール直前では少し楽になって軽く走りながらなんとかゴール。

2時間30分以内でしたがこれまでで最も遅いタイムで正直がっかりしました。

 

ゴール後は完走証とJAのペットボトルジュースをもらいました。

今年は駐車場が遠いほうだったので車まで歩く気力がなくジュースを飲んでしばらく休んでから駐車場にむかいました。

ゴール後も立った瞬間の立ちくらみの症状がありました。

 

今回の失敗理由と今後の対策

帰宅してすぐに風呂に入ってから昼飯と水分補給したら少し回復しました。

横になっていると楽だったけど立ち上がるとやっぱり立ちくらみの症状は残っていました。

夕方になったらかなり回復したけど去年フルマラソン完走したときでもここまではならなかったんで今回はかなりダメージがあったはず。

 

体調がかなりよくなったので今回のことを反省して今後どうするか考えました。

まず今年は夏以降とにかく日差しがある時間にジョギングしていなかったことが失敗の原因です。

今年は暗い早朝でもジョギングできるように軽量ヘッドライトを買いました。

それ以来暗い早朝に出発して日の出前にジョギングを終えることが続きました。

 

涼しいコンディションで気分良くジョギングできるようになった反面、今回のように11月下旬にしては気温が高く日差しもあるコンディションへの耐性が全くなくなっていました。

炎天下でジョギングするのも危険ですがある程度暑い状況でジョギングしておかないといけないなと思いました。

 

かなりの汗かきなので水分は多めに摂っておくのも意識したいです。

去年は気温も低くてそれほど汗もかかなかったので大丈夫だっただけだと思います。

 

速く走ることは意識していないので幸い足周りのトラブルは皆無です。

膝も痛くないし黒爪やマメもできません。

 

40歳過ぎから健康と痩せる目的でウォーキングからはじめたので速く走る願望はそれほどありません。

今後の目標は無理せず走ってハーフマラソンで2時間以内で完走を目指します。