スポンサーリンク

静音ミニタワーPCケース『Antec P5』レビュー

久しぶりにPCケースを買いました。実に7年ぶり。

購入履歴を調べると今まで使っていたデスクトップタイプのケースNSK2480を買ったのが2011年2月。

このケース思ったより大きくてフルサイズのオーディオ機器サイズ。

奥行きもかなりあったのでデスクトップのモニタ下に置くのは物理的に無理でした。

数年前の画像ですが左シルバーのケースです。

 

選んだのはミニタワーケースAntecP5

今回買ったのはミニタワーケースのAntec P5

Antecが特別好きというわけではないし思い入れがあるわけはありません。

しかし今回もAntec。AtomPC用にACアダプタで動くISK 300-65という超小型ケースも持っています。

上の写真のデスクには23インチモニタが2台並んでいますが現在は43インチモニタ1台。

43インチモニタを置いた右に22センチほどのスペースがあるので横幅が20センチぐらいのタワーPCを買うことにしました。

Amazonで6200円ぐらいでした。安い。

 

今までよりPCケース自体が耳に近い場所になるので静音性を重視して選びました。

Antec P5はフロントパネルとサイドパネルに吸音材を使用しているので期待できます。

イルミネーション的ものは不要なので上部で汚れが目立たないパネルならいいです。

本当の静音性は使ってみないとわかりませんが吸音材を利用している時点で候補になりました。

 

他に望むのは5インチベイが一つついていること。

最近は5インチベイなしというケースも増えています。

付いていても本来ブルーレイドライブなどを付ける用途が主だと思います。

自分の場合は3.5インチHDDや2.5インチHDD/SSDをホットスワップで使える5インチベイパーツを付ける目的。

 

横幅は20センチを超えないケースから選びました。

サイズと静音面と5インチベイ有りをクリアしているAntecP5を注文しました。

 

PCデスク位置を変える部屋の模様替えも兼ねていたのでサウンドバーも同時注文。

パソコン用スピーカーとして買ったサウンドバー『YAMAHA YAS-108』のレビュー | kazuphonic.com

 

AnttecP5の内部

詳細な説明や画像はこれで全てが分かる。Antec「P5」徹底解説 – エルミタージュ秋葉原に載っています。

 

とりあえずデスク右側に置いてスペース確認。

横幅はモニタ横とデスク端に1センチほどスペースができました。

ミニタワーPCの割には思ったより奥行きがあります。

デスクの後ろまで下げると圧迫感はなくなりフロントパネルに右手が届いていい感じ。

以前はPCケースが離れていて体を動かさないと届かなかったので届くポジションになってよかったです。

 

 

あとからCPUクーラーをつけることができるメンテナンスホールが付いています。

裏配線するためのスルーホールがいくつかあります。

うまく裏に配線するとケース内の空気の流れも良くなりそうです。

ただ裏の配線スペースは15ミリほどしかなくケーブルが重なると裏面のパネルが閉めづらかったです。

2.5インチシャドウベイは5.25インチオープンベイ下と3.5インチシャドウベイパーツの上。

側面に2つの合計4ヶ所に取り付けるスペースとネジ穴が用意されています。

2.5インチのSSDとHDDを一つずつ使っているので5.25インチオープンベイ下と側面に一つつけました。

側面は裏に固定するようになっていましたが裏面がケーブルだらけになったので見える箇所に付けました。

 

電源取り付けする場所は振動を抑えるためのラバーが貼ってあります。

ファンを下側にして下から吸気にすることができる吸気口があります。

今回は電源ファンは上向きにして背面に排気するようにしました。

 

ケース下には3.5インチ2.5インチ共用シャドウベイがネジ止めされていますが使わないので外しています。

パーツとケーブルを取り付けた状態でまど横置きしてる状態。

CPUクーラーは置いているだけでまだ固定していない状態です。

 

 

メンテナンスホールが小さい

CPU付属のクーラーなら小さいしメンテナンスホールがなくても簡単に後付けできます。

しかし大きなCPUクーラーはマザーボード裏面から固定するタイプがほとんど。

メンテナンスホールがないとマザーボードをケースに固定する前にCPUクーラーを付ける必要があります。

CPUクーラーをはじめにつけると各種コネクタもつけづらいしケーブルの取り回しも難しくなります。

このケースはメンテナンスホール付きなのでマザーボードと固定して全てのパーツやケーブル類を付けたあと最後にCPUクーラーを取り付けることにしました。

メンテナンスホールからマザーボードに専用のナットで4ヶ所固定します。

 

しかしここで問題が発生。

なんとメンテナンスホールからは鉄板で隠れて固定するための穴が2ヶ所しか見えません。

使っているマザーボードはソケット1151のMicroATXAsrock H170M Pro4

 

7年ぶりにケース買ったこともありメンテナンスホール付きケースは初めてなのでこれにはショック。

はじめに穴の位置を確認すればよかったのですがまさか塞がれるとは思いませんでした。

もっと横に広くなっていてほしかった。

 

ケーブル類を全て外してマザーボードを外してからCPUクーラーを固定しようと思いましたが疲れるので断念。

見えない穴にも届くスパナやラジオペンチを使えばなんとか回せるかもしれません。

しかし今後のことも考慮して穴が見えるぐらい鉄板を切り取ることにしました。

金切りバサミを持っていなかったらはじめからやり直していたと思います。

側面パネルで隠れるので見た目は多少汚くても問題なし。

切断面で怪我をしないようにバンテージテープで保護しました。

下の画像はメンテナンスホールを広げて無事にCPUクーラー取付できたあと。

 

思わぬアクシデントで時間がかかりました。

気を取り直して一通りの動作確認。はじめ電源が入らなかったけどCMOSクリアであっさり起動。

動作確認が終わりサイドパネルを固定しました。

裏面にケーブル類を引き回せるのはいいけどケーブルが重なっているとパネルが固定しにくかった。

USB3.0ケーブルが丸くて太いのでなるべく重ならないようにある程度バラけさせてからパネルを固定しました。

固定さえしてしまえば見えないし空調にも関係ないし滅多にあけることもないので大した問題ではありませんでした。

 

フロントパネル周りの使い勝手

フロントパネルはプラスチックですがヘアライン風仕上げでつや消しなので汚れが目立ちません。

必要なときだけ開けて普段は閉じて蓋している状態になっているのも好みです。

フロントパネルはカバーが右開きになっています。

デスク右側に置くと右開きで開きやすく使いやすいので自分の希望にピッタリ。

 

フロント上部のUSBポートと音声入力ジャックヘッドホンジャックはホコリ対策のためのゴムキャップが付属していました。

真上についているとホコリがたまりやすいのでこれは嬉しい配慮です。

 

ホットスワップ用に付けている5インチベイにもUSB3.0ポートがあるので変換ケーブルでマザーボードのUSB2.0ヘッダーにつなげて利用できるようにしました。

常時挿しているロジクールのワイヤレスマウスとキーボードのレシーバーをここに挿してみました。

しかし突起したぶん蓋が閉まらないので断念。フロント上部のUSBポートに挿し直しました。

 

BIOSでファンとLEDの設定したら快適になった

マザーボードはAsrockのMicroATXマザーボードH170M Pro4

ケース付属のフロントファンとリアファンはマザーボードに接続しているのでCPUファンと同じくBIOS設定でサイレントにしています。

フロントとサイドパネルの吸音材効果もあってファンの音はほぼ聞こえません。

かなり意識すると聞こえますが吸音材のおかげで耳障りな周波数がカットされているのかも。

 

パネル上部の真ん中が電源ボタンになっていてボタンの周りがLEDで光ります。

真っ白な光でかなり明るいです。HDDLEDも兼ねているようです。

マザーボードの標準設定では電源ON時に常にLEDが光続けていたのでSSDアクセスしていても気づきません。

スリープ状態にすると常に点滅する状態でした。

 

起動中は電源LEDなんかついてなくてもいいのでSSDやHDDにアクセスしているときにわかればいいです。

スリープはよく使いますがLEDは点滅すらしないほうがいいです。

寝ているときも電源オフではなくスリープにしているので点灯や点滅していないほうがいいのです。

 

これはAsrockのマザーボード設定にGood Night LEDという項目があり有効にするとあっさり解決しました。

ディスクアクセスのときだけLEDが光るようになりました。

他メーカーのマザーはPCでは違う設定項目で設定できるかもしれません。

 

価格の割に満足度が高く買ってよかった

静音のため吸音材付きでフロント14センチファンとリア12センチファン付き、ホコリ対策のコネクタキャップもついて6000円台はお買い得だと思います。

自作PCしてからPCケースを買うのはこれで6回か7回目ぐらいかな。

かなり前に変な形のアルミPCケースを3万円以上で買って後悔したこともあります。

 

今回は中のパーツそのものは同じなので性能がアップしたとかは全くありません。

PCデスクを部屋のコーナーに配置するのが主な目的。

結果的に部屋もすっきりしてデスク後ろの配線周りもスッキリして掃除もしやすくなりました。

 

メンテナンスホールの件だけはショックでしたがこれは事前に確認しない自分の性格も関係しています。

他のケースを買っていたら他の不満点があったはず。

結果的にですが満足できる静音PCをこの値段で買うことができてよかったです。