ブログ記事のスラッグ名にはこだわらず短くシンプルにした。

最近ほとんどこのブログを更新してない状況です。

仕事というか収入用のサイトはPHPで構築したサイトで、他にはブログライクではないワードプレスで構築したサイト。

元々このブログは唯一収入とは関係ないようにしようと思い作りました。

更新頻度が落ちた理由の一つにはタイトルとスラッグ名を連動させるのが億劫になったというのもあります。

ブログ開設して依頼、記事のスラッグを何度か変更しました。

数字ベースから日本語スラッグにしたこともあったし、最近は英語に翻訳してスラッグにしていました。

日本語スラッグだとワードプレスの仕様で全角で25文字ぐらいを超えると千切れたスラッグ名になります。

英語に翻訳したスラッグ名だとURLでイメージしやすいときもありますが大抵は長すぎるだけのURL。

そもそも英語がほとんどわからないので翻訳後の英文が正しいかどうかも定かではなくスッキリしないのもあります。

そもそもスラッグ名を気にする必要はほとんどないので原点回帰ではないですが数字ベースに戻りました。

といってもワードプレスでのパーマリンク設定での基本スラッグである『?p=123』ではありません。

スラッグは投稿名(postname)にして『/post-post_id/』という形で自動的に生成する感じです。

以前使っていたThemeのfunctions.phpに記載されていたコードを流用。

検索するとSimple Colorsというサイトの方が作ったコードだそうです。

function auto_post_slug( $slug, $post_ID, $post_status, $post_type ) {
    if ( preg_match( '/(%[0-9a-f]{2})+/', $slug ) ) {
        $slug = utf8_uri_encode( $post_type ) . '-' . $post_ID;
    }
    return $slug;
}
add_filter( 'wp_unique_post_slug', 'auto_post_slug', 10, 4  );

上記のコードをfunctions.phpに貼り付けるだけです。

投稿したタイミングでのPostIDの数字をそのまま利用しつつ、?がつかないスラッグになります。

いろいろな記事に関連記事で内部リンクを貼っているので修正が面倒なので、以前の記事は英語スラッグのままにしています。

なるべくシンプルにしたい気持ちが強まってきたので、Themeも以前使っていたGushに戻してさらにアイキャッチ画像を使うのもやめました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

kazuphonic.com