スポンサーリンク

ドライナミックメッシュシャツを3回着用後のレビュー

去年の暮れに買ったミレーというブランドのドライナミックメッシュノースリーブシャツを3回使ったレビューです。

このメッシュシャツは網目の細かなメッシュというより完全に肌が網目から見えるタイプ。

首輪をつけたマッチョな白人が着てるようなちょっと変態チックな見た目なので当然アウターとして着るのは無理です。

吸汗速乾タイプのシャツの下に着るインナーとしてのウェアなので着用していること自体は誰にもバレずにすむので買いました。

 

汗冷えはほとんどない

素材は肌に触れる内側がポリプロピレンでできていて水分を含まない性質があるということ

網目から外側に移動した汗はアウターとして着ている吸汗速乾シャツが吸って乾かす仕組み。

だから理論上は汗が肌に残らないし、アウターが吸ったシャツが肌に張り付くことがないのでうっとおしくないし汗冷えもしません。

でも吸汗速乾シャツが吸った汗が乾く暇もない時間に汗をかきすぎると飽和状態になるので濡れたままになります。

今は冬だからわかったけど汗が乾くのが間に合わなくても汗冷え感はほとんどないです。

 

締めつけ感がかなりある

納得の性能だったので買ってよかったと思った反面、サイズ選びを間違えたかなと思ってました。

海外の商品でサイズがS/MというサイズとL/XLの2種類がありました。

肌にフィットしたほうがより効果がある商品なのでS/Mを買いました。

身長が175センチで67キロぐらいなのでS/Mだと正直小さすぎると思いました。

着た直後はへそが見えるぐらい。長州小力のコスチュームみたいな感じ。

 

普通のシャツと違ってすごい伸縮するのでコンプレッションウェア的な締めつけ感があります。

網目はかなり厚さがあってサッポロポテトバーベキュー味ぐらいあります。

だからシャツが伸びてもしっかりしてる感触。

 

 

3回目で着やすくなった

1回目の着用は着るのも脱ぐのも恐る恐るで特に脱ぐときは肩から腕にかけて脱ぐのが大変でした。

2回目は慣れもあり着るのが少し楽。そのときに気づいたのが少し丈が伸びてへそが隠れるぐらいになっていたこと。

だから洗ったあと干すときに丈がもう少し伸びるように気持ち引っ張って干してみました。

 

3回目の着用のときにへそが完全に隠れて骨盤の骨が出ているところを覆うぐらまで伸びてるのがわかりました。

ちょうどいい丈になりました5センチ以上は伸びたかな。これならこのサイズで正解だったと思いました。

しかしあまり伸ばすと網目が厚くなっているのが薄くなることになるので本来の性能が発揮できないかもしれません。

しかしかなりの厚さなので目視ではとても薄くなった感じはしていないので気にすることはなさそう。

 

これ以上丈は伸びなくてもいいのでこれからは意識して伸ばさずに普通に洗って干してみます。

おそらく伸び続けるということはないと思いますが着用を続けて気づいたことがあったらまたレビュー記事書きます。