スポンサーリンク

ダイエットはウォーキングよりスロージョギングが効率的

自分は2年ほど前までは運動らしい運動はやらない生活が続いていました。

おそらく15年ほど運動を意識してやってなかったと思います。

田舎で自動車社会だと近場でも歩いて行くという概念がないんです。

自転車に乗ることすらせず、むしろ徒歩や自転車だと車所有してないんじゃないと思われたらどうしようみたいな不安もありました。

今でも買い物には車で行くし無いと困るのですが意識してジョギングをするようになりました。

 

スロージョギングのメリット

この記事を書こうかなと思ったのはちょうどYahoo!トップの下のほうにランニングの記事がいくつかあったから。

nanapiのリンクを読んでいるうちに自分も実践しているからウンウンと頷きながら読みました。

目安としては、心拍数が1分間に120~130以下、1時間に7キロ程度のスピードです。最低でも1kmを1時間30分以上の時間でゆっくり走ります。と いっても分かりにくいので、ジョギングのフォームで、ちょっと早歩きの人と同じくらいのスピードで走るとちょうど良いでしょう。

「最低でも1kmを1時間30分以上の時間でゆっくり走ります。」は10kmのことだと思います。

自分は10キロ1時間10分ぐらいになってしまうこともありますが、もっと意識してゆっくり走るほうが健康面を考えると効果的かも。

スローランニングは完全な有酸素運動だからカロリー消費が多く脂肪燃焼が期待できます。

できるだけ速く走る無酸素運動と違って有酸素運動だと普段使われずに休眠状態になっている毛細血管が活動状態になります。

すると筋肉に酸素が行き渡りやすくなるので疲れづらくなるという理屈だそうです。

まあ厳密にはもっと違う表現があるのでしょうがとにかくゆっくり走ることを継続しているうちに長距離向きの体になる感じ。

マラソンをやる人も時々意識してやるそうです。

ロングスローディスタンス、LSDと呼ばれています。

 

しかしマラソンはせず健康のためウォーキングをしている人でもスロージョギングはメリットが多いのでおすすめです。

同じ距離をウォーキングすることと比べると1.5倍以上の運動量になるそうです。

たしかに同じ距離をスローとはいえ走ると汗の量も増えてます。

背筋を伸ばししっかりとウォーキングすると意外と疲れるんですよ。

いわゆる体幹を意識すると腹筋周りも常に負荷がかかり運動している状態になります。

そのウォーキングよりカロリー消費が多くなる上に走るコツを掴むとむしろウォーキングより楽になります。

スロージョギングのコツ

できれば10キロ以上は連続でスロージョギングできるのが理想。

でもゆっくりとはいえ両足が浮く瞬間がある運動なのでコツを掴むまではウォーキングより息切れしやすく足も疲れやすいです。

なるべく上下の動きがない動きで歩幅はできるだけ狭くがいいです。

シューズの裏を地面に擦らないぐらいでできるだけ低くを意識するといいかもしれません。

着地してから体重がかかる瞬間は足の裏が膝より前にならず骨盤と垂直になるぐらいのほうが膝に負担がかかりません。

足を前に出そうとしすぎると膝関節より前の位置で着地して体重がかかるので負担が一気にかかり怪我します。

このあたりは着地関連のキーワードでググッてみると関節を傷めない着地の方法が載っているページがかなりヒットしますよ。

 

呼吸は自分は鼻から吸って口から吐くスタイルだけど呼吸してるかわからないぐらい楽に走るほうがスロージョギングになります。

速く走るのではなく長く走るのが目的だから。

それでも疲れるのなら1キロウォーキング1キロスロージョギングを交互にやるのもいいです。

自分も初めは交互にやっていたし、今でも中3日以上走れないとウォーキングも交えることもあります。

 

たまにウォーキングや犬の散歩をしている人を抜くときぐらいは少しだけスピード出します。

ウォーキング状態から抜き去るより自然な感じで抜いていけるから精神的に楽。

以前婆さんをウォーキングで抜こうとしたら婆さんが勝負根性を出してきて早歩きになったことがあったんですよ。

そこから走りだすよりはじめから走っている状態のほうが自然に抜ける。

運動中にすれ違う人と挨拶するのは好きなのですが抜くときはあまり併走状態が長くならないようにして挨拶したいんですよ。

こんなこと思ってるのは自分だけもしれませんが。

 

ウォーキングと違って着地時に負担がかかるのである程度ウォーキングで必要な筋肉がついてからがいいかもしれません。

歩く量が少ない人だと土踏まずの周りの着地に関連する筋肉とかかなり衰えてると思います。

太りすぎの人はまず食事減らして痩せてから走るほうがいいと思います。

走ると体重が凶器になりかねません。

 

シューズはランニングシューズ

シューズだけはランニングシューズを買ったほうがいいです。

普段履きと違ってジャストフィットするぐらいのシューズがいいですよ。

あと靴紐は完全に緩めて脱いで次に履くたびに紐と締め直す癖をつける。

どんなシューズでもこれをやらないと中で動いて宝の持ち腐れになってしまいます。

 

このブログではジョギングのこともかなりの頻度で書いていくのでシューズのことは今後書いていきます。