スポンサーリンク

田舎生活でも快適なのはインターネットのおかげ

15年以上前にUターンして地元に戻ったけど理由はインターネット普及の予感がしたから。

あとは競馬が好きでスカパーで全レース観ることができたのも大きいです。

 

テレホーダイ時代

当時はインターネット普及し始めでネット回線も56Kモデムという超低速回線。

画像があるとページ表示までにかなり時間がかかってました。

深夜から早朝まではテレホーダイというプランに入っていたけど軽く1万円は超えてましたね。

それからISDN→ADSL→光と高速化していって現在に至るといった感じ。

楽天市場がちょうど出始めたころだったけど今と違って商品は少ないし怪しい感じで利用しませんでした。

 

ほとんどのモノはネット通販で揃う

自分は自作PCが好きだったけど住んでいる地域からパーツが売っている場所まで車で片道1時間ぐらいかかる。

雑誌によく載っているアキバの激安店と比べたら古いパーツしかなかったり、しかも高くて結局雑誌から通販で買うことも多々ありました。

それから楽天やAmazonが普及しはじめたらわざわざ遠くまで車で行くことをやめました。

そのほうが確実に欲しいものが最安値ぐらいで買えるしガソリン代ももったいない。

ドライブがてらなんとなく立ち寄るならまだしも明確に買いたい商品があって遠出したのになかったときのショックはでかいです。

あっても高すぎたりするとかなり凹みます。

 

食品やちょっとした日用品なら近所のディスカウントストアかホームセンターで買います。

でもパソコン関連や家電、スポーツ用品などはネット通販を使います。

年間にAmazonと楽天市場でそれぞれ数十回は利用します。

 

ネット通販が流行りはじめたころはまず書店が大打撃をうけたと聞きます。

マニアックな書籍になればなるほどどうせ取り寄せになるからそれなら在庫ありのネットショップで自分で注文すればいいだけですからね。

近年は大型家電店で実物をみたあとスマホでネット最安値を探して注文することで打撃を受けているそうですね。

だからネット最安値より安くするという店もありますね。

自分はネットの口コミをたくさん調べていきなりネットで注文する派です。

 

昭和の香りがする個人商店はとてもじゃないけど太刀打ちできませんよね。

オリジナルのセンスのある個人商店じゃないと集客できないでしょうね。

食べ物も大型スーパーやドラッグストア、コンビニがありますし。

買いたいものが個人商店に適正価格で売ってあれば買うけどまずないでしょうね。

だから個人でやっている商店にはほぼ行っていません。

 

ネットのおかげで田舎生活に不満なし

個人的にはUターンして今でも不満なく住んでいられるのはネットショッピングの普及と言っても過言ではないです。

このブログは書きたいことだけ書いたり、買ったモノをレビューしたくて作ったブログ。

でも他に収入目的で量産しているサイトではGoogleやAmazon、楽天市場などの存在がないと成り立たないほどです。

今の流れがいつまで続くかわからないけど個人的には続いてほしいですね。