スポンサーリンク

MNPでOCNモバイルONE音声通話付き格安SIMに移行

ここ2年ほどスマホは同じのを使っているけど、格安SIMカードいわゆるMVNOは3社で4回変えました。

OCNモバイルONEb-mobileSo-net モバイル LTEOCNモバイルONEに戻ってきたという感じ。

 

今回はインターネットで売買されている携帯電話番号を買ってそれをMNPするという手順で新しい電話番号を手に入れた話です。

手続きが多く疲れました。まずはこれまでの説明を。

はじめてのMVNO

たしか2年以上前のOCNモバイルONEは1日パケット量が30MBか50MBで音声通話なしだった気が。

そのときは通話のためにPHSとの2台持ちでした。

3大キャリアはもう10年以上使ってないですね。かなりマイノリティーな存在だと思います。

自分は実家でWEB収入のみという生活をしている上に、電話でやりとりする人間関係も薄いので正直電話はしたくないとすら思っています。

それでも実家の電話以外になにかしらの通信手段は必要なのでしかたなく所有という感じ。

 

音声通話付きに魅力を感じ他のMVNOに移行

b-mobileが音声通話付き格安SIMを発売しはじめた時期にOCNモバイルONEからb-mobileに移行。

携帯番号があればPHSは要らなくなるからPHSは完全に解約しました。

しかし新しい携帯番号は080すら満杯なのかPHSと同じ070番号でした。

 

b-mobileの通信品質に不満があって同じく音声通話付きのSo-netモバイルにMNP移行。

しかししばらく使っているうちに携帯電話をほとんど使わないならIP電話の050plusでもいいんじゃないかと思い始めました。

MNPせずにSo-netを解約、OCNモバイルONEのデータ専用SIMに戻ってきました。

 

再び『OCN モバイル ONE』に戻ってきた

OCNモバイルONEでも音声通話付きSIMを扱いはじめていたけど、050Plusを使うつもりだったからデータ専用SIMにしました。

1日110MBまで利用できて翌日に繰り越せるタイプ。

050plusで利用した分のパケット量は計算に含まず無料。

通話するとやはり音が遅延したり、たまに音が割れたりすることもあって家族との通話ぐらいならいいけど、大事な通話では使いづらいなと思ったのが感想。

 

ちょうど2015年の後半ぐらいからそう思い始めて、OCNモバイルONEも音声通話付きサービスをはじめていたので音声通話付きSIMに変えようと決めました。

 

有料の電話番号を購入した

そしていよいよ本題ですが、どうせ新しい電話番号は070番号だろうから、いっそのこと090で覚えやすい番号有料で買ってからその番号をMNPしようかなと思いました。

他人の電話番号譲渡は面倒な手続きがあるのはわかっていたのでキリのいいところで年が明けて2016年になったら一気に実行する計画で年明けを待っていた感じ。

 

電話番号のキリ番などの良番を扱うサイトでさまざまな携帯電話番号が売っていました。

安いのでも2万円前後して高いのは10万20万は当たり前で桁が違うのも並んでいます。

自分はとりあえず2万円台で090で少しでも覚えやすい番号を見つけて買いました。

本人確認など面倒な手続きで日にちを要したけど意外とあっさり番号を手に入れることができました。

 

ちなみに前契約者はドコモでした。

番号を買った時点でドコモと契約している状態になっているので早速近所のドコモショップに。

MNPしたいから解約したいですとだけ伝えました。

 

前契約者はデータプランのためこのままだとMNPはできないと説明を受けポカーンとなりました。

一度カケホーダイプランに変更しないと無理で、プラン変更して解約する形で違約金が発生するのだと。

違約金と初月のプラン料金などで1万5000円から2万円近くかかるとの説明。

 

高いなぁと思ったけどMNPする気できたので素直に従って解約。

お金はあとからコンビニ払い用紙が郵送でくるタイプでしょう。

結局この時点で4万円以上使っている状態。

とにかく希望の電話番号が手に入りました。

 

新しい電話番号でMNP

家に帰ったらOCNのマイページからMNPで音声通話付きSIMを追加を選びSIMが届くのを待ちました。

使ってるスマホはマイクロSIMだけど次買うスマホはナノSIMかもしれないからナノSIMを注文してアダプタ利用で使います。

今までもそうしていて問題なし。

 

SIMカードは3日ぐらいで届いて必要事項を入力画面に入力して2時間ぐらいで使用可能に。

データ専用のSIMを解約手続きして、050plusも解約手続きしました。

SIM解約はネット上でできるし、050plusはスマホのアプリからできます。

ちなみに音声つきSIMはおまけで050plus番号を無料で一つ利用することもできます。

 

携帯電話の通常通話料金はこのままだと30秒で21円の通話料金なんです。1秒でも21円だし31秒だと42円ですね。

だから携帯電話界のマイライン的な存在の楽天でんわに加入。通話料金が半額になります。

以前から楽天の会員だし、クレカも楽天カードだから手続きは10分もかからず完了。

支払いはクレジットカード払いのみ。

※追記 現在は後発の楽天でんわからOCNでんわに変えました。料金もOCNモバイルONEに合算されてわかりやすい。

 

IP電話と違って電話回線を使うから通話品質に問題は全くありません。

番号のあたまに専用の番号をつけないといけないけど、それはスマホのアプリが自動でつけてくれるから全然わずらわしくないです。

ちなみに相手側には携帯番号のみ通知されるし、これで半額になるなら使わない手はないです。

 

携帯電話番号は大事にしていきたい

なんだかんだいってやはり携帯電話はほとんど使わないとはいえ番号は持っていないと不便なことが多いですね。

現代の身分証明証のような役割も果たしている感じ。

せっかく高い経費使って手に入れた番号だしずっと使っていきます。

 

ここ2年続いたSIMカードを頻繁に変えることもこれで終止符を打ちたいです。

でも来月からは1日110MBプランから月3GBプランに変更します。翌月繰越もあるし3日間制限もないようだしほとんど金額変わらないから。

ほとんどが自宅のWi-Fi利用だからそれほど使わないんだけど。

 

しかし年明けたら実行すると決めて結局2週間かかった。ふー疲れた。