スポンサーリンク

WordPress画像最適化プラグイン『EWWW Image Optimizer』

このブログはとにかく書きたいことだけを書くために久しぶりに作ったブログ。

当初は難しいことは考えずにテキスト主体で作ろうかと思いました。

でもさすがに画像無しだと無理な記事もかなり出てきます。

特になにかを教えるとなると言葉じゃなくて画像のほうがわかりやすい。

この記事はこれからこのブログで画像も積極的に使う宣言も含めてて書きました。

 

画像のファイルサイズ小さめにしたい

ここ何年か自分で作ったワードプレスサイトはショップ系サイトが主でした。

画像は自分で用意するのではなくショップが用意している外部の画像を利用するタイプ。

だから画像をアップロードする必要もないし、画像サイズも気にしませんでした。

でも普通の個人ブログは撮影写真やスクリーンキャプチャなどを自分で画像用意してアップロードしますね。

そのときにほとんどの人はファイルサイズは大きくてもいいから最高の画質というのは求めていません。

 

人の目には劣化してるかわからないレベルでなるべくファイルサイズが小さいほうがいいはず。

特にパケット制限のあるタイプの契約をしている人だとファイルサイズが無駄に大きいのは痛い。

アップロードする側はなるべく手間をかけずにファイルサイズが減らせるのがベスト。

なるべくクリックして拡大させずにわかる画像サイズでファイルサイズを減らしたい。

 

EWWW Image Optimizerで自動的に圧縮

その要望にピッタリのWordPressプラグインが『EWWW Image Optimizer』。

インストールはプラグイン新規追加からEWWW Image Optimizerで検索して自動インストールしたほうが速いです。

インストールすると設定の項目にメニューができるのでクリックします。

設定画面で変更する部分は特にありませんが、BasicSettingのRemove metadataにはチェック推奨。

写真撮影した際に場所情報など余分な情報が含まれている場合があるのでそれを自動的に削除してくれます。

AdvancedSettingで推奨SettingはDisablepngoutをチェックすること。

しかしこれはデフォルトでチェックが入っているので確認だけしましょう。

Themeによってはいくつもの画像サイズを作るThemeもあります。

AdvancedSettingで不要なサイズをチェックするとそのサイズは作成しないので変換も速くなる。

 

ConversionSettingsではHide Conversion Linksにチェックを推奨。

デフォルト設定では画像形式であるjpegとpngを勝手に相互変換してしまうのでこれ無効にする。

個人的には写真もスクリーンキャプチャもjpgで保存しているのでpngに変換されても困る。

最近のレンタルサーバーは安くても容量だけは豊富になったから、ファイルが増えようが困らないけど不要なものはなるべく作りたくない。

 

すでにアップロードしてしまっている画像もクリックひとつで最適化してくれる。

メディア項目にBulk Optimizeという欄ができているのでクリック。

StartOptimizeボタンがあるのでクリックしたら自動的に最適化される。

 

メディアライブラリをサムネイル表示から詳細表示に変えるとどれぐらい最適化されたかわかる。

80%の画質で圧縮したjpeg画像のファイルサイズをさらに10-15%ぐらい減らすことができている。

 

画像の見た目がほとんど同じでファイルサイズが減ると単純にページ表示速度が速くなるから作った側も閲覧する側もストレスが減ります。

しかも初期設定さえしっかりしておけばあとはなにも考えずにアップロードするだけ。

1記事に画像1枚だけだと双方にそれほどメリットないかもしれません。

でも複数、場合によっては10枚以上の画像を挿入した記事のときにかなり恩恵はあるはず。

ワードプレスをある程度やっていて画像を多様する人ならとっくに入れているほどの定番プラグイン。

知らなかった人やこれから始める人なら入れて置いて損はないプラグインです。